<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

Woodberry Commons

義理の妹の結婚祝いを買う為に、Woodberry Commonsに行ってきた。
b0115536_23531735.jpg

実は、ココに来るのはまだ2回目と言う訳で、Zip carで迷いながらチョットしたDrive気分。昼前についてから只管、アチコチのOutletを眺めて、普段、買い物をしない身としては案外ハードだったが、良い天気の中、生バンドの演奏があったり、昼食中に大学院の先輩(Akash)一家と遭遇する等、予想外のハプニングもあり、ナカナカ楽しめた。
b0115536_23534257.jpg
b0115536_23535625.jpg
b0115536_23541828.jpg
b0115536_23543256.jpg
b0115536_23544698.jpg

[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-31 23:23 | Life in NY | Trackback | Comments(0)  

Broadway at Bryant Park & Jazz

何年も前から進められていたBroadway at Bryant Park を昼休みを利用して観て来た。
b0115536_14321712.jpg

Lion King, Adams Familyから各3曲ずつ聴いた時点で時間切れで会社に戻ったが、ジーンズで聴くミュージカルもナカナカ新鮮。
b0115536_14324285.jpg
b0115536_14325936.jpg

夜は8月に来社する重役のアテンドの下見でBirdlndとBlue Noteをハシゴ。Birdlandは初めて、Jazz Clubに行くこと自体、ほぼ1年振りだったが、仕事が長引き最初に行ったBirdlandは最初のセッションが終わった直後に到着。結局なにも聴けずBlue Noteへ。
b0115536_14333622.jpg

Blue Noteは行ってみたら1980年のGrammy Award winner, Earl Klugh・・・。思わぬところで満喫してしまった。Jazzと言うよりはFusionに近い印象で、凄くテクニカルながらとても聴きやすく感動。
b0115536_14342068.jpg
b0115536_14343251.jpg

久し振りに音楽付いた一日だったが、Weekdayにこれ程、文化に触れられるとは。改めて恵まれた環境を実感。
[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-29 23:57 | Life in NY | Trackback | Comments(0)  

Golf at Philip J. Rotella Memorial

MBAを修了して、テニス・ゴルフを再開して3度目のゴルフ。今回のコースはPalisadesより少し北上したPhilip J. Rotella Memorial G.C.。
b0115536_13543055.jpg

朝9時過ぎのバスでミツワに行き、朝ごはん。その後、Pick-upして頂き、通い慣れた道を北上。Palisadesを過ぎて15分程度ドライブしゴルフ場に到着。ゴルフ・リハビリには立派過ぎる印象のコースで12時過ぎからラウンド開始。
b0115536_13551999.jpg

回り始めた頃は猛暑で、未だTee shotの勘が戻らず、「右へ左へ」の僕としては、なぜ自分がゴルフをしているのか不思議に思ってしまう程の状態だったが、途中1/3は夕立の様な雨に降られてずぶ濡れ。別の意味でなぜ自分がゴルフをしているのか不思議に思ってしまう状態・・・。しかし、なんとか18ホールを回り、スコアも未だ90台復帰の道は通そうながら、過去2回と比較すると確実にスコアは縮んでおり、まぁ、許せる範囲かと。
b0115536_13553234.jpg

ゴルフの後は、Fort Leeの焼き肉店で打ち上げをして、ミツワからの最終バスで帰宅。気が付いたらManhattan Skyline上空には満月。
b0115536_13573969.jpg
b0115536_13574931.jpg

やはり個人的にはゴルフよりテニスの方が好きであることを再認識しつつも、気のおけない仲間とのラウンドはやはり楽しい。少し、回復のヒントも得たし、せめてMBA前の水準に戻るまでは頑張ってみようと思う。
b0115536_13581631.jpg

[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-25 23:57 | Life in NY | Trackback | Comments(0)  

London ~ 2

London4日目となった7/13は勤務先のLondon支店訪問。St. Paul寺院の近くにあるOffice訪問に先駆けて、その名もPaulというベーカリーに入ったら、プラム・タルトを発見。
b0115536_13343955.jpg

b0115536_13373834.jpg

このタルト、ドイツでは8月~9月に何処でも手に入るポピュラーなケーキで、「一日3食」食べても平気な程の大好物。ドイツではシーズンに早過ぎて食べれず、諦めていただけに感動!会社訪問で昔の仲間達の挨拶回りをした後、St. PaulとMillenium Bridgeを歩いて再び戻り、2個目を食べてしまった。
b0115536_1340173.jpg
b0115536_13404093.jpg

その後は再び市内を歩きまくり。バーミンガム宮殿を見て、トラファルガー広場ではオペラの上映を目の当たりにし、China Townで夕食をとってSoho経由でHolbornに戻ったのだが、オペラの上映には驚いた。
b0115536_1341964.jpg
b0115536_1341258.jpg
b0115536_13414075.jpg

翌14日は旅行の最終日でもあったので、思い出した様に観光名所を駆け足で。先ずはSt. PaulのPaulでプラム・タルト・・・。その後、ロンドン塔とTower Bridgeを観て、水上バスでWestminsterまで、London Bridge・市庁舎・London Eye等の川沿いの名所を眺めながら行き、Westminster寺院内を徘徊。
b0115536_13421245.jpg
b0115536_13422585.jpg
b0115536_13424856.jpg
b0115536_1343127.jpg
b0115536_13432417.jpg
b0115536_13433917.jpg
b0115536_13435264.jpg
b0115536_13441136.jpg
b0115536_1344324.jpg
b0115536_13444570.jpg

その後、大英博物館を少しだけ観てからホテルに荷物をピックアップしに戻り、一路ヒースロー空港へ。帰りのフライトで会社の同僚とバッタリ会ったのは意外だったが、順調にNewarkに着陸。
b0115536_13453160.jpg
b0115536_13454495.jpg
b0115536_13455557.jpg

3年振りに夏休みにIthaca以外の場所に行ける機会だったこともあり、Berlinのセミナーに始まり生まれ故郷と生活した場所に加え、友人の居る場所を転々と、結局、ドイツ・フランス・ルクセンブルグ・ベルギー・イギリスと5カ国を一気に回ったのだが、やはりヨーロッパ(特にドイツ)は落ち着くということと、予想外にドイツもフランスも英語が通じる様になっていたことがとても印象的だった。MBAが終わった途端に日独フォーラムの運営メンバーになってしまったのは愛嬌として、思いっきり羽根を伸ばしてリフレッシュ出来た2週間だった。何時か再びヨーロッパに戻れる様に頑張りたいと思った。
b0115536_1413274.jpg
b0115536_1414932.jpg

[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-15 22:07 | Travel | Trackback | Comments(0)  

London ~ 1

7/10にLondonに入り、そのままLondon郊外に住む同期の家へ。商社出向及び京都時代の同僚夫妻も呼ばれており、久し振りの再会。で、何が凄いって、同期の家はゴルフ場に隣接していて、庭が異常に広く見える・・・。旅行前日なのに招いてくれた同期に感謝。
b0115536_13432072.jpg
b0115536_13434773.jpg
b0115536_1344387.jpg

翌11日もLondon Univ.留学中の京都で新入行員指導員をしていた頃の教え子夫妻と昼飯。何故かお好み焼き屋で懐かしい時間を楽しみ、夜はNYからLondonに転勤した後輩と食事し「再会編」はおしまい。昔はLondonと言えば、美味しい食事にありついた記憶が全く無かったのだが、少し見直した。他ではCovent Garden等をWindow Shoppingがてら散歩。BerlinでのForum以降、忙しくアチコチ移動したので、少しゆっくりした時間を楽しんだ。
b0115536_13443315.jpg
b0115536_13445071.jpg

12日も観光は置いておいて、ShoppingがてらPicadely Circus, Knightsridge等街並みを満喫し、
b0115536_13462130.jpg
b0115536_13464178.jpg

夜はMusical"We Will Rock You"を観賞。7年前の出張時に見損なったQueenの楽曲を駆使したRock Musicalで、Broadwayで上演していないこともありスッカリ諦めていただけに感動。
b0115536_13471364.jpg
b0115536_13472698.jpg

Musicalの後はBig Benと国会の夜景を観つつ、London EyeからホテルのあるHolborn迄散歩。
b0115536_13474756.jpg
b0115536_134808.jpg
b0115536_13481298.jpg

只管歩き回って気がついた事は、「案外、街並みWatchingは楽しい。」
[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-12 23:50 | Travel | Trackback | Comments(0)  

Luxembourg & Brussel

7/8の夕方にLuxembourgに到着。その晩は同じ会社のLuxembourg現法に勤めている学生時代からの友人とNYから転勤していった2名の元同僚と共にDinner。美味しい食事と懐かしい話で楽しい一時を過ごす。
b0115536_117204.jpg
b0115536_1173522.jpg

翌朝、世界遺産に指定されているLuxembourg旧市街を散策。こじんまりして綺麗な町並み。
b0115536_11829.jpg
b0115536_1182264.jpg
b0115536_1183440.jpg
b0115536_1185672.jpg

b0115536_1194568.jpg

その後、電車でBrusselへ。Brusselでは世界一周旅行中の両親と一緒にDinner。本当は欧州議会も見に行きたかったんだけど、時間なくこちらも旧市街を散歩。同じ世界遺産でもEUの中心都市だけあって、Luxembourgと比較すると大掛かり且つ少し汚い町並みに映ったが、市庁舎を含むGrand-Placeは圧巻。
b0115536_1110356.jpg
b0115536_1111751.jpg
b0115536_11112792.jpg
b0115536_11114367.jpg
b0115536_1112423.jpg
b0115536_11121833.jpg

また、有名な「小便小僧」は予想外にこじんまりとしてて可愛らしかった。
b0115536_1112376.jpg
b0115536_11124710.jpg

久し振りのヨーロッパ大陸は普遍的な風景と予想外に通じる英語と・・・。やはり居心地の良い場所だった。
b0115536_11133098.jpg

[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-10 22:50 | Travel | Trackback | Comments(0)  

Paris ~2

Paris最終日。明らかに日程が足らないと痛感しながら、朝、昔よく通ったMusee de l'Orangerieへ。
b0115536_821185.jpg

2006年にリニューアルされたとのことで、これまで壁で隠れていた元の温室のガラス窓が再び姿を現し、自然光を上手に採り入れたとても気持ちの良い美術館になっていた。で、昔は暑い日になると通っていた地下室にあったモネの「睡蓮」の間は1階に移動して自然光に溢れた部屋になっていた。
b0115536_823892.jpg
b0115536_825718.jpg

代わりにルノアールやマリー・ローランサンが地下に移っていたが地下も明るく大分イメージチェンジ。
b0115536_831975.jpg

その後、コンコルド広場~チュールリー公園を経てルーブル美術館のピラミッドをチラッと眺めた時点で時間切れ。
b0115536_853424.jpg
b0115536_854682.jpg
b0115536_86432.jpg

残りは何時かまた訪れる日の楽しみに取っておく事にし、TGVでLuxembourgへ向かった。ドイツでも驚いたが、フランスでもフランス語を使う必要は殆どなく予想外に英語が使えた。これもEU統合の効果だろうか・・・。
b0115536_86206.jpg

[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-08 22:52 | Travel | Trackback | Comments(0)  

Mont Saint Michel

7/7はParisから日帰りツアーでMont Saint Michelへ。
b0115536_7295429.jpg

Mont Saint Michelは世界の名景として有名なサン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院で、1979年に世界遺産にも登録されている名所。サン・マロ湾は潮の干満の差が最も激しい所として知られており、潮の満ち引きの差は15メートル以上ある。このため、湾の南東部に位置する修道院が築かれた岩でできた小島はかつては満ち潮の時には海に浮かび、引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていた。現在は地続きの道路で繋がっているが、この道路が潮流をせき止めることとなり、急速な陸地化が進んだことから来年には道路を外し、代わりに新たな橋がかけられる予定とのこと。
b0115536_7372162.jpg

パリから片道4時間程度かかる為、朝、7:15発の地元の業者の日帰りツアーで出発。普段はあまりパックツアーは使わない主義なのだが、パリ出発の時から丁寧な解説がつき偶には良いかな、との感想。更に驚いたのはアメリカでもヨーロッパでも今や日本人に比べて中国人・韓国人が圧倒的に多い印象を持っていたのだがこのツアーに関しては圧倒的に日本人!途中のサービスエリアでも来るバスから降りてくる人々の80%は日本人。やはり、TV番組等で紹介され続けているからだろうか?で、肝心のMont Saint Michelは圧巻の一言。ガイドさんの解説によると天然の小島に何回にも分けて修道院が増築され続けたとの話だったが、よくもこれ程大掛かりなものをこの場所に作ったものだと感動した。
b0115536_7303193.jpg
b0115536_7305564.jpg
b0115536_7311879.jpg
b0115536_7313654.jpg
b0115536_7315420.jpg
b0115536_732161.jpg
b0115536_7323330.jpg
b0115536_7325044.jpg
b0115536_733643.jpg

結局、3時間程滞在してParisに戻ったのは午後8:30だったが、市内でもパリの自由の女神など観る予定のなかったものまで観れてナカナカ満足のいくツアーだった。
b0115536_738282.jpg

パリに戻った後はパリに住んでいる友人と久し振りの再会で市内のパブでドイツ-スペインのW杯準決勝を観ながらビジネス談義。友人は元国家公務員だったこともあり、最後は日本の行く末についての話になったが、ドイツが負けた事を除けば楽しい一時だった。
[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-07 22:52 | Travel | Trackback | Comments(0)  

Paris ~1

7/5にコレまた約20年振りにパリに来た。
b0115536_630440.jpg

翌6日は一日観光。先ずは隠れた風景スポット、Galeries Lafayetteへ。普通のデパートなんだが、とてもデパートに見えない程、中は凝っている。
b0115536_6333645.jpg

屋上からはパリの主要な建物が一望。
b0115536_6341165.jpg
b0115536_6342637.jpg

因みに場所はオペラ座の真ん前。
b0115536_6343937.jpg

その後、有名はMetroの出口があるモンマルトルの丘へ。
b0115536_6391280.jpg
b0115536_6392734.jpg
b0115536_6393864.jpg

サークレクール寺院の周辺はPicassoの時代からパリの文化人が集まる場所で、今も大道芸人や画家の卵が数多くいる場所でもある。
b0115536_640625.jpg

少し下町に似た雰囲気を満喫した後は、3大ステンドグラスの一つに数えられているサン・シャペルへ。最高裁判所の中にあるこの教会は壁一面がステンドグラス。
b0115536_6414957.jpg
b0115536_642113.jpg

あまりに暑かったので、スグ近くにあるノートルダム大聖堂で一休み。
b0115536_6423328.jpg
b0115536_6424689.jpg
b0115536_6425886.jpg

一休みの後は昔住んでいた家の近く、トロカデロ広場からエッフェル塔を眺め、更に凱旋門に登って「一日観光」終了。エッフェル塔ではワールドカップの大ビジョンが設定され、凱旋門では退役軍人のセレモニー(?)が行われ、普段とは少し様子が異なっていたが、懐かしい風景を満喫出来た。
b0115536_6432531.jpg
b0115536_6434561.jpg

に、しても暑い中、良く歩き回った一日だった・・・。
[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-06 23:57 | Travel | Trackback | Comments(0)  

Düsseldorf

7/4は睡眠時間3時間でYLF2010年度生を送り出した後、Griebnitzsee周辺の歴史的史跡を2箇所(Truman VillaとBerlin Wall。何れも研修所の1㎞圏内)を散歩して、Berlin Tegel空港へ。「ココからが本当の休暇」と、向かった場所はKöln経由で生まれ故郷のDüsseldorf。
b0115536_13241552.jpg

Kölnでは飛行機から電車に乗り換える際の時間を利用して大聖堂へ。駅前に広がる圧倒的な存在感を満喫してからDüsseldorfへ。
b0115536_1331933.jpg
b0115536_13312610.jpg
b0115536_13314430.jpg
b0115536_13315537.jpg
b0115536_13321238.jpg

当日の夕方から7/5の昼過ぎ迄、懐かしい雰囲気を満喫。約20年前と比べるとAlt Stadtは少し綺麗になり、市の中心街は少し閑散となった印象を受けたが、自分の生まれた病院も、住んだ家も、通った学校も全く変化なし。明らかな変化は当時所属していた現地のサッカーチームのメイン・グランドが赤土から人口芝に変わっていた事と、木々の成長・・・。小学生の膝上迄しかなかった庭の木が2mを超える大木になっていたのには驚いた。
b0115536_13325248.jpg
b0115536_133321100.jpg
b0115536_13335319.jpg
b0115536_13343790.jpg
b0115536_1335353.jpg
b0115536_1335448.jpg
b0115536_13374588.jpg

Düsseldorf自体は決して観光都市ではないので、懐かしい場所を一周した後、次の目的地、Parisへ向かった。
[PR]

by Rossi-ny | 2010-07-05 23:25 | Travel | Trackback | Comments(0)